April 10, 2016

「情報」と「言葉」の錯誤の果てに


僕自身も深く仕事では関わっているけれども、膨大なデジタル「情報」はその果てに、「死のメディア」になりうる警鐘を鳴らしたい。
 いくらメディアの多様性や未来性を論じたところでも、「情報」と「言葉」とは同じではない。「情報」は「言葉」等を置換したものも含まれるが、「言葉」は生きた人間の発した声、または記録とての文字である。「言葉」は人間が作り出したものであるが、常に生きている。しかし一方「情報」は生きたものではない。「情報」は電子機器の中でも動作するけれども、「言葉」はかつて生きた人たちが産み出した魂のバトンだ。
「情報」は生きていない装置にも宿るが、「言葉」は決して生きている主体の外には存在しない。なぜなら、「火」というものは、「熱さ」を含有する事はない。つまり「火」に触れた主体の経験があってはじめて、「熱さ」が存在し、その「言葉」があるのである。デカルトを援用するならば、「火」の延長には「熱さ」は存在しない。「熱さ」とは生きた魂=主体の痕跡なのである。
 蓋し現在人を惑わす危険な「道具」は主体をイミテーションした存在である。具体的にはSiriのような道具は、あたかもその向こう側に主体がいるような錯覚を産み出すが、それは人間が人形に自己を投影し、反射している影に過ぎない。しかしまるで生きていたり、全能のように錯覚する先には、恐ろしい危険が満ちている。
 世間で言う「ディープ・ラーニング」は、膨大なWEB空間のその先には人間が書いたり、または発した「言葉」が満ちていると思い、それをまとめた「集合知」を参照しているのだと、多分想定しているのだろう。しかしそこには明快なプロトコルが介在し、操作している。結果(世界に平均的な人間は一人も生きていないように)主体のない「道具」が計算した結果に過ぎないのである。しかし人は、「言葉」を主体の示顕であると見なしてしまう。私たちは「生きていない主体」が発する死の深奥から沸き出す声に耳を貸してしまっているのだ。空虚の中に存在する幻聴である。
 「情報」は「言葉」ではないと理解し、あまりにも「道具」が人間の振りをする事態には、慎重でなくてはならない。過信した果てには、「ラジオ」が産み出したファシズム以上の惨禍が引き起こされる芽が潜んでいると思う。人形の吹くラッパに、殺し合いが起きる可能性があるからだ。
「生」は記録できない。また至極便利なものでもない。日々一回性のなかに、私たちは存在しているのだという、本質を見失う事こそ恐ろしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2015

佐野氏の謝罪姿勢に関する妙な違和感

 世間を騒がしている、パクリ騒動についていろいろ考えてみる。

 そもそも一度身体を濾過した表現は、贋作つくるつもりで意識的にやらないかぎりは、中々パクリとはならない。20世紀の最後の数年に、多くのデザイナーも、コピーライターも、肉体性を捨て始め、作業が電子化し、ソフトウェアのプラットフォームで仕事をするようになり、多くの仕事は参照とアレンジの効率化になっていったと思う。スピードも早くなり、制作に費やす時間も、思考も、相対的に低くなる一方で、アウトプットばかりが求められるようになった。それに従ってプロの仕事と素人仕事の境目を、理解できる人が少なくなった感がある。

 作る側は、本来は考え方からはじまりアウトプットに至るプロセスで進むが、アウトプットからアウトプットを想像する、すなわちプリコラージュ(器用仕事)が、より重宝されるようになった。(勿論デジタル以前からあったが)つまりファッションデザイナーに対するスタイリストであり、音楽家におけるアレンジャーのような存在が台頭し、ツールの高度化によってアウトプットがプロレベルと一般的には差を見つけにくくなり、その商品価値も高まったからだと思う。

 またさまざまなICTツールのコモディティ化とともに、世間では権利の登録に関する意識ばかりが増大した。同時に、制作側の論理など知らずに、無料で膨大なアウトプットを享受できる時代になり、情報に関するリテラシーは飛躍的に高まった。

 そもそも日本には、本歌どりや、引用を用いて表現を産み出す伝統というものがある。その感性は、表現を個人に帰する登録というものではなく、文化の共有者に対する寛容さに基づく。しかし忘れてならないのは、元の表現者に対する尊敬の念があることだ。それはフランス語ではオマージュというのに近いかもしれない。そういう意味では、表現物=アウトプットを人から切り離し、まるでモノのように扱う人の品位が引き起こしている問題だと、一連の事柄を理解できるかもしれない。
 
 そこを鑑みると、佐野氏は、登録を侵害した不手際には謝罪の意を評したが、表現をモノ化していることについては、もしかするとネットに落ちている程度の作者に対しては、オマージュの意識はないのではないか。ただモノを拾ったとしか感じていないのではないか。
 
 多弁が過ぎた最後につけ加えるならば、多摩美であるとか、日本のグラフィック業界であるのか、そこには閉鎖的な村があり、村人以外を「人」とは考えないのではないか。ザハ女史の建築の問題でも露見した日本の非グローバル性が、オリンピックというグローバルイベントによりあぶり出されつつあるのかもしれない。

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2015

シテ友枝雄人能 『杜若 (かきつばた)』を観る。

Photo
肌寒く雨の舞う渋谷の雑踏を抜け、東急セルリアンタワーホテルにある能楽堂へ。横には料亭である金田中が店を構えており、能楽堂があるとは、なかなか想像できない場所だ。その晩は、喜多流のシテである友枝雄人が『杜若』を舞った。

『杜若』の舞台は、中世の三河の国(愛知県)。在原業平をモデルにしたと言われる『伊勢物語』を下敷きにして、業平が歌ったというかきつばたの歌「からころも(唐衣)き(着)つつ馴れにしつま(妻)しあればはるばる(遥々)きぬるたび(旅)をしぞ思ふ」と旅の心を詠んだ故事を軸に、杜若の精霊である女のおぼろげな、ゆらぐ詩情が時空を織り込むように展開していく。

物語の展開はダイナミックではなく、登場するのも僧のツレ(助演者)のみである。寒空の二月の東京にいる私が舞いを眺めているうちに、次第に初夏のかきつばたが群生したという中世の八つ橋にいるようなこころもちになっていく。緩やかでありながらも、飽きさせることのないお能である。

能舞台という装置は、いつも彼方に忘れてしまっていた過去に、観客を誘う。同じシテの友枝氏は、来月同じ場所で今度は『隅田川』を舞うそうだ。(人買いから子供を取り返そうとする母親の話である)
来月も、ぜひ観ようと思う。


能の魅力を知る-遠くも来ぬるものかな 梅若忌-

   
開演時間    2015年3月15日(日)
(開場時間) 午後1時00分 (12時30分開場)
演目・出演
おはなし 金子直樹
狂言「宗論」
能「隅田川」梅若丸の母 友枝雄人 (午後3時50分終演予定)

料金
S(正面)席 8,500円
A(脇正面)席 7,000円
B(中正面)席 5,500円
学生(座敷・自由)席 3,500円
※学生席は能楽堂でのみ取り扱います。購入の際に学生証の提示をお願いいたします。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

«アポフィス (99942 Apophis) 世界は一元化した「共通言語」で人の魂を救済できるのであろうか。