« May the force be with you! | Main | 並木通りのカルティエ »

June 29, 2005

中国ってやはり…大変なんですね。

flag_china
中国の反日暴動の件を書いたとき、日本人が過剰に反応するなんて馬鹿らしいと書きました。
そんなことを思っていたら、こういうニュースです。貧富の格差の問題があって、日本人がまともに言ってることに対応すれば、不満がなくなるなんてものじゃないんですね。


中国・安徽省 1万人の群衆暴徒化 派出所破壊、スーパー襲撃

 【北京=野口東秀】中国中部の安徽省池州市で二十六日、一万人の群衆が交通事故をきっかけに暴徒化し、パトカーや派出所を破壊したほかスーパーを襲撃する騒ぎとなった。鎮圧に出動した武装警察隊員六人が負傷、警備当局は首謀者として参加者十人を拘束した。
 中国国内では、地方住民が警備当局と衝突する大規模な事件がこのところ相次ぎ発
生。今回の事件も、ささいなきっかけで騒乱に発展する中国社会の不安定ぶりを示す
ものとなった。
 地元紙「池州日報」などによると、きっかけは乗用車が歩行者をはねたうえ、被害
者が運転手から暴行されたことだった。市民の通報で警官が派出所に運転手を連行し
たが、群衆が派出所を取り囲み、人数は一万人近くに膨れ上がった。
 このうちの「少数の不法分子による扇動」で群衆が騒ぎ始め、乗用車をひっくり返
したほか、パトカーや消防車にも襲いかかり、派出所にも放火した。近くのスーパー
も襲撃され、商品が略奪される事態となった。
 地元当局は事態の拡大を重視、市幹部の緊急会議を開催。交通事故発生から九時間後に武装警察部隊約七百人を出動させてようやく鎮圧した。これまでのところ、騒ぎの理由に関する住民側の情報は伝えられていない。
 最近明らかになった中国国内の騒乱では農地の強制収用をめぐり、農民と工事関係者らが衝突するなどのケースが多い。今月だけでも、河北省で立ち退きの補償金をめぐるトラブルで、村民らが猟銃などで武装した二百-三百人の集団に襲撃され、五十人以上が死傷。広西チワン族自治区でも、立ち退きを拒否する住民と警官隊が衝突し、多数の死傷者が出ていた。

(産経新聞) - 6月29日2時57分更新


まあこういうことで反日も何も単なる気分の旗に過ぎないってこと。こういう社会不満の塊がなくちゃ、革命が三十年毎に起きる国なんてありえません。

<tokyotaro>

|

« May the force be with you! | Main | 並木通りのカルティエ »

Comments

う〜む・・・ちょっと違うと思います。みんな、国について考える時の初歩を忘れているような気がする。大きな国は不安定なんですよ。ロシアだってそうでしょう? アメリカもある意味でそうです。
 とにかく、中国を安定させること、うまく共存していくことは日本の国益になります。中国を批判することは簡単ですが、ここは冷静に対応したいですね。

Posted by: ムーミン | July 06, 2005 at 12:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90931/4759871

Listed below are links to weblogs that reference 中国ってやはり…大変なんですね。:

» 北京オリンピックは無理じゃないの? [ひとりの独り言]
最近の中国は、全土で暴動が頻発している。用地撤収問題からの暴動らしいが危険な国だ。 先の反日デモでも見られるように、すぐに暴徒化する民衆。 日本の教科書に対し、干渉しているが自国はどんな教育やっているのやら。 もう、中国政府・中国共産党に自国民を統制する力は無いようだ。 経済が成長して都市部と農村部の経済格差が激しくなっている。 オリンピックまでには、いま以上に差が拡大するだろう。 こんな国で平和の祭典であ�... [Read More]

Tracked on June 29, 2005 at 09:00 PM

« May the force be with you! | Main | 並木通りのカルティエ »