« November 2005 | Main | January 2006 »

December 2005

December 16, 2005

レクサスISに乗る。高級を考える。

c20681a


トヨタの高級ブランドとしてレクサスがローンチされたのは、今年の8月だった。
メルセデス・ベンツ、BMWの顧客をターゲットにしているという。文芸批評家・故小林秀雄氏はトヨタの創成期に工場を見学し、「これは世界一の工場になる」と予言したそうだ。経済の門外漢であっても、小林氏の眼はそれを見抜いていたのだろう。現在、トヨタは日本一の会社であり、米国のビック3の牙城を突き崩したのである。しかも日本経済のバブル崩壊後の失われた十年に。

品質の高さとマーケティングには恐るべき強さを感じていたものの、私のような洋物好きにとっては「トヨタの高級ブランド?」と、頭に疑問があったのは否めない。まあ少なからず、ブランド=洋物である意識を持っているような人たちこそ、ルイ・ヴィトン等のブランド(高級)を信奉しているのである。ブランド(高級)は、日本にとっては明治以来の舶来信奉に結びついていると思う。

そういう意味でも、世界で確立してから日本へブランドを持ってくる段取りは、真っ当なプロセスである。逆輸入車に高い金を払って乗る人間が少なからずいるのも、そのコンプレックス(舶来信奉)からだ。

高級に関する概念を、「自動車の品質」「人のサービス」「通信ネットワーク」の三点から非常に高い次元のバランスで実現しているというのが、レクサスに対する私の印象である。

品質としては、乗ってみると、唯の静かな高性能な自動車というものではなく、リニアリティをステアリングから伝達しつつ、尚、高次元な形でコンピューターが介在してアシストする。乗り味は、硬く、尚且つ、上質な柔らかさを持っている。同乗者には滑らかなバターの上にいるかのような感覚をもたらし、ドライバーにはある種のしっかりとした硬さを感じさせる。多分、シャーシーがよほどしっかりしているのだろう。またインテリアの素材は、自分の乗っている700万円近くするAudi Allroad よりも、高品質である。

またナビゲーションが凄い。GPSと連動していて事故時にはボタンひとつで24時間スタッフが現場に急行するそうであるし、また渋滞情報を的確に、またタイムリーに表示する。しかも初めて触っても感覚的に使えるし、音楽を専用サイトから高速にダウンロードし(多分専用回線があるのだろうか)、HDにお気に入りジュークボックスが作れてしまう。本当に至れりつくせり、未来のおもてなしと驚く。

京都の俵屋とか、熱海の蓬莱のような高級旅館にいるような心地と言えばいいだろうか。いままでメルセデスでも感じたことのない、不思議な次元の高級感であった。

そういう私も偶然家族が買うことがなければ、乗ることはなかっただろう。

それにしても、日本独自の「エクスペリエンス(体験)」としての高級を実現しようとしている姿勢には、凄まじいと感嘆するしかなかった。<tokyotaro>


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2005

ピエール・ガニエール東京に行く。

NEC_0048
フランスの三ツ星シェフである、ピエール・ガニエール氏が東京に店をオープンした。場所は青山のプラダ本店の隣である。11月29日にオープンし、フランスから駆けつけたガニエール氏自ら、スタッフに事細かに指示をしていた。私が足を運んだのは、オープン後5日目だった。パリの本店に続いての出店であり、先週末まで本人が常駐していた。

インテリアはフランスのコンテンポラリー・デザイン。フィリップ・スタルクのスタンド、ミニマルなシャンデリア、四面ガラス張りの室内、緑色の椅子のコージーコーナー。ランチだったので、店内は光に満ちていた。

昼のコースは、前菜、魚、メイン、デザート。しかし供される品々は、私の想像できない領域の品々だった。これほどのバラエティーのある料理を、私は知らなかった。写真で撮ったのは、前菜の品々である。レンゲにフォアグラのコロッケが一口やって来て、その後、いくつもの味覚のハーモニーを楽しむ。ウコンのムースを固めたようなもの等、普段フランス料理店では供されない不思議な品々を何種も楽しんだ後、この前菜がやって来た。

メインは羊肉、そして蕪と人参を煮込んだものだった。でも羊肉と野菜はそれぞれ別のスープで煮込まれ、その有機野菜を、ガニエール氏が惚れて調達した言う。とても甘く、土の味がする程の鮮度だった。野菜の素性を昇華した味つけだった。しかもガニエール氏自ら、私に給仕をしてくれた。母の誕生日で食事をしていたのだけれども、そういう事由も忘れてしまって自分が舞い上がってしまった。<さすが馬鹿者である>

最後に印象的だったのは、バラのムース・マシュマロである。口入れると、新鮮なバラの花びらを食べたような清涼感が満ちてくる。フランスではバラのエッセンスは有名だそうだけど、私は体験はしたことがなかった。

画家のパレットを食べているような食事、それが私の感想だ。おいしい店でも、素晴らしい皿が二品あったら、お金を払う価値があると思うけど、ここはその十倍は価値がある。自分の味覚の領域が、明らかに拡張したからである。

料理のアーティストというものがあるのなら、まさに彼は巨匠だと実感させられた。<tokyotaro>


| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 04, 2005

波を待つ。やがて。

namimachi
波を待っている光景は、何かとても瞑想を感じさせる行為だと思う。何かを日常生活の些細な事柄を思い出し、また遠くからやって来る波をじっと見つめる眼差し。多くのサーファーは、そこで記憶と現実の狭間で漂っている。それが波を滑る快感とは別の、サーフィンの醍醐味のひとつと思う。波が来なくても、海のリズムは心の中に溜まる垢を洗い流してくれると。<tokyotaro>

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »