« April 2006 | Main | July 2006 »

June 2006

June 12, 2006

初期型i-podを探し出し、アークティック・モンキーズを聴く♪

Arctic_monkeys

北極の猿たちという不思議な名前のバンドを知ったのは、四月のロンドンのレコード店だった。
長らくロックとは遠ざかっていたので、とても印象的なCDジャケットのタバコを吸う男の写真を見、印象にあったのだが、買ったのはつい数日前だ。音楽の仕事とも遠ざかり、まったく自分の音楽情報の収集能力の低下に嘆く。
そこで彼らの音楽を聴いて衝撃を受け、感動した。PCの発達でサンプリングと打ち込みが多くなり、次第に音楽に飽きてしまった私にとって久々の福音だった。
(彼らのmyspaceで視聴できます♪)

パンクロック→テクノ→オルタナティブ・ロック→アンビエント・テクノと、70年代後半から90年代半ばまでは同時代の音楽を聴いてきたけれども、埃を被っていた初期型i-podについ最近入れたプレイリストを眺めると、入っているのは、キース・ジャレット、ビル・フリーゼルのようなECMのジャズ、またはドナルドフェィゲン等AORになっていた。そしてロックもデビットボウイ、エルビス・コステロのベストという状況だった。もはや青春を懐かしむ、カラオケオヤジそのものである。

初期型i-podに”Whatever people say I am, what I am not”を入れる。大音量で聴く。コンピューターのハイサンプリングの情報と洪水を抜けた後にある、生の響きは鮮烈だ。

英国シェフィールドの二十歳の少年たちのおかげで、精神のアンティ・エージングが出来た私である。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | July 2006 »