« June 2008 | Main | August 2008 »

July 2008

July 17, 2008

鴨川・波乗り・夏休み

R0011678
世間よりも少しばかり早い夏休みだった。

ちょうど仕事の台風の目のようにぽっかり空いたので、ひとり千葉・鴨川へ出掛けた。昼間に前原海岸で波に乗ったけれども、波がスネくらいしかなく、一時間半程度で諦めてコンドミニアムに向った。チェックインした後、缶ビールを開け、高層マンションのベランダから海を眺める。海風が心地良い。僕はビール二缶飲みながら、ハワイのFMラジオ局から流れる80年代ヒットソング、カジャグーグー、マイケルジャクソン、TOTO等の懐メロを聴いていた。

やがて夕方6時近くになったので、僕は歩いて横渚の街を散歩し、何処か美味しい魚でも食べさせる店がないかと歩いてみた。次第に日が落ちてきて、夕方から夜へと光が変わっていく。

しばらく歩いていると、鴨川駅の商店街も午後6時だというのにしんと静まって、時折通軽自動車の音が響くだけだった。平日の夜はこんなものなのだと、僕ははじめて知った。都心に暮らしている時間の感覚とは、まったく異なる時間が流れている。が、ここも同じ首都圏なのだ。D1000031_2

一時間ほど散歩をしたけれど、閉まったシャッターの他に眼にするものもなく、駅へと戻る。すると整然と留まっている列車の群れが、まるで子供の頃みたジオラマのように静かに、目前に広がっていた。近くには人の気配がない。何処か遠くへ来てしまったような気がした。昔の夏休みに迷い込んだような休日だった。

翌日腰くらいのセットが入り、僕のようなロングボード乗りには、丁度楽しめる波だった。tokyotaros


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2008

洞爺湖サミット・エコファシズムの台頭。

444522792_21810d1809

欧州気候取引所が取り扱う排出権を元に、
排出権先物価格連動債券という金融商品が売り出されている。基本的には排出権は一般市場で個人が購入することは難しいと思われていたが、こういう商品が出来ることにより、個人マネーも巻き込み、将来的にエコは壮大な金融商品市場を形成しそうである。

原油高高騰、穀物の高騰等、マネーゲームと総称される、実体経済を乖離した膨大なキャッシュフローにより、人々の生活は混乱している。原油高で漁業に行けない船が、日本中の漁港に溢れている。旧左翼のイメージ思想に頭をやられている人たちは、弱者がマネーゲームの犠牲になっている叫ぶ。そして政府がスケープゴートのように吊り上げられる。しかし誰が糾弾されるべきなのだろうか。

確かに、排出権の導入は南北問題解決の糸口になるかもしれない。しかし冷戦が終わりイデオロギーでの縛りがなくなり、大きな物語から小さな物語へ移行する。ナショナリズムが高まり、結果がテロとの戦いだった。物語を喪失していた世界が、次の壮大な物語を探し、それがエコロジーとなった。それは、ドイツの緑の党が、第三の道として70年代から提唱していた、多文化主義、エコロジー、脱物質主義等の延長である。

ヨゼフ・ボイス氏は、「社会彫刻」を目指し、緑の党の主要な人物だった。蜂蜜、鉄、フェルト等の物質に対する詩的な感性は、特筆すべきものである。そういうナチュラルな物質に対する、純粋な感性でありながらも、その神秘性のなかに人を織り込んでしまう怖さがある。

蓋し、エコロジーはある種のファシズムである。自由な選択を恐れ、自由から逃走しようとする人々の惑いがある。かつては国家単位だったものを、グローバルに展開したファシズムである。

資本家あるいは先進国も、労働者あるいは発展途上国も、みながその中に救いを探している。そこにさまざまな思惑が、メルティング・ポットのように渦巻いている。人々は自由を差し出し、何を手に入れようとしているのだろうか。権力、金、あるいは正しいことをしているという幻想。

二十一世紀の最大の詭弁が、この後どういう道を辿るのか。しっかり見ていかなければならない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »