« October 2009 | Main | January 2010 »

November 2009

November 27, 2009

ゴードン・ベル賞を受賞した浜田教授の快挙と、新たな発想力。

 東京・秋葉原でも売っている安価な材料を使ってスーパーコンピューター(スパコン)を製作、演算速度日本一を達成した長崎大学の浜田(剛つよし)助教(35)らが、米国電気電子学会の「ゴードン・ベル賞」を受賞した。政府の「事業仕分け」で次世代スパコンの事実上凍結方針が物議を醸しているが、受賞は安い予算でもスパコンを作れることを示した形で、議論に一石を投じそうだ。

 同賞は、コンピューターについて世界で最も優れた性能を記録した研究者に与えられ「スパコンのノーベル賞」とも呼ばれる。浜田助教は、横田理央・英ブリストル大研究員、(似鳥にたどり)啓吾・理化学研究所特別研究員との共同研究で受賞。日本の研究機関の受賞は06年の理化学研究所以来3年ぶりという快挙だ。

 浜田助教らは「スパコンは高額をかけて構築するのが主流。全く逆の発想で挑戦しよう」と、ゲーム機などに使われ、秋葉原の電気街でも売られている、コンピューターグラフィックス向け中央演算処理装置(GPU)を組み合わせたスパコン製作に挑戦した。

 「何度もあきらめかけた」というが、3年かけてGPU380基を並列に作動させることに成功。メーカーからの購入分だけでは足りず、実際に秋葉原でGPUを調達した。開発費は約3800万円。一般的には10億~100億円ほどかかるというから、破格の安さだ。そしてこのスパコンで、毎秒158兆回の計算ができる「演算速度日本一」を達成した。

 26日の記者会見で事業仕分けについて問われた浜田助教は「計算機資源は科学技術の生命線。スパコンをたくさん持っているかどうかは国力にもつながる」と指摘。一方「高額をかける現在のやり方がいいとは言えない。このスパコンなら、同じ金額で10~100倍の計算機資源を得られる」と胸を張った。【錦織祐一】

米国でソニーのPS3を並列使用してスパコンを構築する話は知っていたけれども、日本人でそういう発想から構築を目指し、しかも同賞を受賞できる程の性能を発揮するとは予想もしなかった。やはり知らないところにも、偉人はいるのだと痛感し、自分の思い込みを恥ずかしくも思う。

記事にもあるように、現在素材から作り出すようなプロジェクトが政治でも話題になっている。スパコンの使用目的として語られるのは、「気象変動の精緻な予測が出来るので、温暖化をシュミレーションできる」等、誰にでも分かる凡庸な大儀であって、それ以外にも核分裂のシュミレーション等さまざまな使途があるのだろう。が、スパコンの開発に際し、どの程度のスペックが必要であり、コスト効果がどうであるかについては、誰も詳細を説明しない。蓋し、官製プロジェクトの常として、手段が目的化しているのが実情でないかと思う。

日本のような小資源国には、確かに技術が必要である。それを国民は否定しない。しかし同時に巨額の債務を抱えた国家であることも忘れるべきではない。第二次大戦における海軍の巨艦主義と同質の病が日本には潜伏しており、それがこういう浜田氏の快挙(まるで航空機が戦艦を撃沈するかのような)転換点を見過ごすことになっては、同じ誤りを繰り返してしまう。

現在、日本のさまざまな状況に求められている資質は、柔軟な知性ではないだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091127-00000003-maiall-soci


| | Comments (2) | TrackBack (1)

November 10, 2009

美食の王様と喧伝される来栖氏のレストランに行く。

Logo
10月半ばにオープンし、『ソロモンの賢人』でも取材を受けていた西麻布にあるレストラン・エキュレに行く。ちょうど週末の金曜日だったが、席は十名ほどでほぼ満席だった。革張りの一人がけのソファでフランス料理を食するというのは、少しばかり不思議な気がする。
食事はコースになっていて12,000円と、デザート&パンが充実した+4,000円のコースになっている。給仕は3名、そのうちの一人が来栖氏で、彼はパンとデザートをサーブする。バケットは、駒場東大前にあるル・ルソールから取り寄せているという。
僕はスペインの辛口のスパークリングワインをグラスで飲みながら、料理を待った。

2009年11月6日金曜日。1品目は、アミューズとして、カリッとした脂:イベリコハムを揚げたもの…これは少し揚げ方に(タイミング)が、微妙にずれた感じだけど、中身はうまい。 
2品目はいがぐりのスープ…秋の栗の甘みが口に広がるロマンティックな味わい。
3品目は美白と題された、ホワイトマッシュルームとかわはぎの一品。かわはぎの肝のソースとホワイトマッシュルームって、結構美味しいなと思う。フランス料理でも、和食でもないフュージョン感が面白い。
4品目はホタテパン…ホタテを焼いたパンと黒トリュフで挟んだ一品。トリュフって美味しいけど、大量に食べたらどうなんだろうとか、妙なことを空想する。味は上々。
5品目は、じゃがバターと題された、ソテーされたしっかりした量のフォアグラと、サツマイモ。フォアグラは、まさにフランス料理の王道って感じで美味しく、サツマイモは僕にはどう料理されたのか分からないけど、とても上品な石焼きイモという印象。
6品目は潮風と題された、アズキハタに青菜としじみ、全体にゆずの香りがする和の感じの一品。
7品目は、鴨。非常に貴重な鴨の肉を取り寄せたらしく、臭みも無く、素晴らしい。いままで食べた鴨のなかでも最高の部類だ。その次の2品は、デザート。いちじくとモンブラン。軽くてさっぱりしている。
デザートを+している人は、そこからパティスリーリョーコのキャラドゥー等、6品がサーブされる。最後は元麻布のミ・カフェートのキロ6万円?とかいうコーヒー豆(少量づつガスで封をされ梱包された)を挽いてから、来栖氏自らが目の前で注いでいく。

シェフは元白金にあるカンテサンスのスーシェフだったらしい。カンテサンスは行ったことないけれど、伝統的なフランス料理からヌーベル・キュイジーヌになって久しいが、もはや別カテゴリーのフュージョン、ジャパニーズ懐石フランセーズと呼びたくなる。店のサービス&料理の統合的な印象を言葉にするならば、ロマンティック、ノスタルジック&一生懸命。

価格以上の食事(食材&技術)とサービスがあるので、ぜひ足を運んで損はないと思う。しかし食事に集中するほかない環境なので、接待&デートには難があるかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2009

クロード・レヴィ=ストロース氏が亡くなる。構造主義者ではない構造主義の祖。

Pn2009110301000615___ci0002

【パリ共同】フランス紙ルモンド(電子版)が3日伝えたところによると、現代フランスを代表する思想家で社会人類学者のクロード・レビストロース氏が、死去した。100歳。10月31日から11月1日にかけての夜に死去したという。死因など詳しい状況は不明。
第2次大戦中に亡命した米国で構造言語学を導入した新しい人類学の方法を着想、戦後フランスで実存主義と並ぶ思想的流行となった構造主義思想を開花させた。
1908年11月28日、ブリュッセルのユダヤ人家庭に生まれた。パリ大学で法学、哲学を学び、高校教師を務めた後、35年から3年間、サンパウロ大学教授としてインディオ社会を調査。41~44年にナチスの迫害を逃れて米国亡命、49年の論文「親族の基本的概念」で構造人類学を樹立した。
自伝的紀行「悲しき熱帯」(55年)は世界的ベストセラーとなり、「構造人類学」(58年)「今日のトーテミズム」(62年)「野生の思考」(同年)で構造主義ブームを主導する思想界の重鎮に。世界の民俗や神話に鋭く切り込み、64年から71年にかけ「神話学」4部作を発表。
73年、フランス学界最高権威のアカデミー・フランセーズ正会員に選出された。

『野生の思考』を十代に読んだときの高揚感を忘れない。彼こそ言うまでもなく、未開という文脈に知性の存在を見い出し、はじめてヨーロッパ中心主義を離れた局面から文化人類学を切り開いた人である。器用仕事と訳されたプリコラージュという思考様式は、実は現在のネットカルチャアに相似している。後年、概念をツールであると表現したドゥルーズ&ガタリの先見も、未開の思考にその根源がある。500年来連綿と世界の中心であった欧州から、第二次大戦後アメリカに中心を移動させることにより花開いた思考だったと思う。

ナチズムの根拠となった観念主義=人間(欧州)中心主義により、多大な犠牲を払ったユダヤ人であるからこそ、ストロース氏は欧州文明を離れた視線を獲得し、また時代に呼応したのだ思う。
構造主義者は、その構造に対し一歩離れたところから批評するので、「プチブル的」とコミュニスト&実存主義者に批判されたりもした。そういう意味では、ストロース氏は「構造主義者」ではなかった。

日本はそういう意味で20世紀に突如大国として世界史に登場し、戦争を通じて欧州中心主義を破壊した外部である。ストロース氏はその日本についても講演にて的確な分析をしていた。僕はテレビで見たのだけれども「日本には開く時期と、閉じる時期がある。そして常にアメリカ(欧州)と中国の均衡のなかに晒される。しかし常にバランス良く、立ち回って来た国である」というようなことを、言っていたと記憶している。確かに現状ストロース氏の言うように、中国とアメリカの間でどういうバランスを取るべきかは、日本の課題である。中国は常に沿岸部と内陸部の格差に悩んでいる。時に毛沢東のような人物がその平準化を図るため、中国であっても国を閉じる。

現在はインターネット&金融の国際化により、世界はアメリカ的なグローバニズムで開放状態である。その最中日本はどうバランスを取っていくのか。氏の意見をもはや聞けないのは残念である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2009 | Main | January 2010 »