« March 2010 | Main | May 2010 »

April 2010

April 30, 2010

東京のバイク乗りが集う「カフェ」という場所を知る。

Photo_2
バイクに乗ってみると、はじめて知ることがいくつかある。
東京に長く暮らしていても、こんなに風が首都高速では吹いているのだなとか、確かにバイクを駐車できる場所って少ないなとかって、いままでは気づかなかった。

東京は基本的に公共交通機関が充実しているし、若者も電車・バスまたは自転車で移動するから、お洒落なカフェというものも、公共交通機関ベースで立地している。駐車場も自動車基準で準備されているし、別にバイク乗りが来ない方が近隣の住民からも、好意的に受け入れられる。そうでなくても、深夜営業も、酔った人間が騒ぐことも、街に住む人たちには耐えがたい。

バイクは、一般的な人々の視線では、「悪」の方に存在する記号だと思う。

そこでライダーが集うカフェとう存在が生まれる。バイク乗りは、基本バイクに乗って移動しているから、少し不便な場所であっても駐車が出来たり、ライダーに対して親切な場所であるということが大事である。少しぐらい遠くにある方が、バイクに乗れる分だけ有難いくらいにも考えているだろう。プチツーリングになるし、何処か行く場所があるのは、走る意味でも好都合だ。

芝浦にあるスーパーレーサーというカフェは、レインボーブリッジの橋脚の近くにあるという、公共交通機関の人々には理解されないエリアにある。ある意味逆手でありつつ、素晴らしい立地である。バイカーにとっては、それっぽいファッション性すら感じさせる立地だ。

またアンティークスカフェは、早稲田通りに面しているバイク乗りが集まるカフェ。集う人たちの精神性を反映したかのような、インテリアである。店の周りには、個性的なバイクがまるで見本市のように並んでいる。

コンビニエンスストアも、ファミリーレストランも、バイク乗りが休める場所ではあるけれど、こういう少し趣味性をリスペクトできるような場所は、やはりロイヤリティが高くなる。

普通にモノが高価なものが売れる時代でないからこそ、こういう趣味性のある場所が広がりつつあるのだろう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

運転士を育成資金自己負担で公募するという、第三セクターの荒技

4月29日16時18分配信 読売新聞 第3セクター「いすみ鉄道」(本社・千葉県大多喜町)は28日、全国初の公募運転士4人の採用内定を発表した。

 同社が所有するディーゼル車運転の国家資格を取得するには、1年半から2年の訓練が必要だが、この間の費用700万円はすべて自己負担というのも異例。内定者は5月10日の正式採用後、同社の契約嘱託社員として訓練に入る。
(中略)
 内定者からは「子供のころからあこがれていた運転士の座が目の前にある」「人生の後半を夢の実現に挑戦したい」「鉄道を通じて地域社会に貢献したい」など、従来は鉄道会社員しかなれない運転士への可能性が開けた喜びの声が上がったという。http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/local_transportation/?1272539431
最終更新:4月29日16時18分

第三セクターも現在のマーケットの病巣をしっかりと理解しているらしい。もはや市場には、夢中になるほど欲しい物は、一般的にはには存在しないということだ。第三セクターの課題を一挙に解決するこういう手法は、賞賛に値すると思う。

それにしても鉄道マニア=鉄ちゃんの情熱は凄まじい。雨の日も雪の日も、路傍で電車を撮影している彼らを見るたび、魔力はさまざまなところに遍在しているのだなと痛感する。まさに鉄道の極「道」である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2010

技術の革新による新たな憧れと、過去の機械に対する憧憬

260636

ポルシェが3月のジュネーブモーターショーで披露したハイブリッドスポーツスタディ、『918スパイダーコンセプト』。ポルシェの重役は米メディアの取材に対して、「市販する方向で固まりつつある」と明かした。

918スパイダーコンセプトは、2シーターオープンボディに、プラグインハイブリッドシステムを搭載したスーパーカー。ミッドに置かれるエンジンは、レーシングカーの『RSスパイダー』をルーツとする3.4リットルV型8気筒ガソリンで、最大出力は500ps以上。前後アクスルに置かれるモーターは、最大出力218psを発生し、トータル718ps以上という圧倒的パワーを獲得する。
http://response.jp:80/article/2010/04/27/139728.html
《森脇稔》response

ポルシェブランドから、電動自動車のスーパースポーツが実際に公道に現れる時代になったのだ。それでも内燃式エンジンの独特の世界観に魅力を感じる僕は、古い世代に属するのだろう。

然し、ホンダのCR-Zにも、この自動車にも、時代の先駆者というリーディングイメージはあって、勿論魅力には思うのだが、やはり、トランジスタラジオ、LPレコード、銀塩カメラ、2ストロークバイク等、時代の表舞台を去った魅力的な機械には、暖かさというか、魂があったのだという戯言を思う世代は、なにも同時代に体験した人ばかりでもないらしい。

20代で2ストバイクに乗る者もいるし、銀塩写真に没頭している者もいる。そういう過去の機械に対するフェティシズムとは、何なのだろうかと、そのうちしっかり考察してみたい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2010

乗客数110万人近くを記録、デリーメトロ(インド)

Imgp1069

首都デリーを走る都市高速鉄道(デリー・メトロ)の1日の乗客数が21日に 109万2,780人に達し、過去最高を記録した。道路の渋滞や炎天下での運転を 避けて、鉄道に乗り換える人が多かったためとみられる。 デリー・メトロは今月初めにインデルロク~ムンドゥカ間のグリーン線が開 通して以来、乗客数が連日100万人を超えていた。19日には過去最高となる 105万8,664人を記録したが、これをさらに上回った格好だ。 この日は最大野党インド人民党(BJP)によるデモが予定されており、道路 の渋滞が見込まれるとして、交通当局や警察がメトロを利用するよう通勤者 に呼び掛けたことが背景にある。また、40度を超える暑さが続いていること も、車にエアコンがないドライバーにメトロへの乗り換えを促したようだ。 これまで郊外の自宅から市内の職場に車で通っていたソフトウエア技術者の ソウミャ・シンさんは、渋滞や暑さを避けるため1週間ほど前からメトロでの 通勤に切り替えたという。「今は救われた気分。以前は、道がすいていれば 職場まで車で20分の距離を1時間以上もかけて通ってたんだから。メトロは 空調も利いていて、快適だわ」と語る。 路線の拡大と利用者の増加を受け、デリー・メトロ鉄道公社(DMRC)は新た な列車の導入を進めている。現在はグリーン線を含め全5路線を100編成以上 の列車が走っているが、10~15日間ごとに1編成が追加されている。 (C)NNA-PTI通信

確実に都市としての機能が充実しつつあるデリー。確かにあの渋滞に毎日巻き込まれていることを思うと、耐えがたいだろう。5月は気温が40度以上になるし、自動車のクーラーも効かないだろうし。(実際、日本車のクーラーだって、効いてても涼しくはない)デリー(インド)の成長には、こういうインフラの整備が欠かせない。まだまだ成長するインドは、今後何十年も魅力的な市場だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2010

バイクに乗るという行為は、アラフォーにとってどういうことなのか。

Ducati2_2
世間では40前後をアラフォーというらしいが、それはとても便利な言葉だと思う。40代と言ってしまうと幅広いけど、アラフォーはなにかをくくっている。それは肉体的にも、社会的にも、そして精神的にも。

僕もさまざまな情けない事やら、クダラナイことばかりをやりながら、そういう年になった。まあそれなりに立ち止まって考えたこともあって、素晴らしくもならけりゃ、酷くもない。それはアラフォーにおけるすべてにおいて、幸いな事に病気でもないし、仕事もちゃんとあるし、狂ってもいない。
そういう普通のアラフォー男は、結構まだ若いというか、まだオヤジじゃないと思ったり、モラトリアムに逃げていたり(まだ結婚は早いとか、子供は早いとか、親離れ?出来てないとか)、自分が子供の頃よりはなんだか成熟していない。が、確実に年は重ねている。

そんな自分があとどのくらい何が出来るかと思うと、昔やっていた事をもういちどやろうとか、やれなかったことをやろうとかする。僕の場合は、サーフィンはずいぶん前から(もう十四年か)コンスタントにやるようになっていたから、人の話を聞いてじゃあバイクでもと免許を取った。普通二輪免許、昔の中免である。

中学生の時、バイク乗りである(いまでも)父親に造成地に連れて行かれ、泣く泣くモトクロスバイクに乗らされて怪我までしたこともある自分なので、教習所でもバイク乗ってた事有るでしょとか言われた(免許ないのに)。まあ確かに世代的に盗んだバイクを無免で乗る連中がごまんといた世代だから仕方ない。

そんな僕がはじめて買ったのは、中古のドゥカティだ。L型ツインの空冷という独特のエンジンだけど、レースをするわけでもないし、デザインで選んだ。

バイクはエコなのに悪のイメージを背負っている。そういう逆風があるところが、世間ではコンプライアンスとか、家族の束縛とか、そんな我が身がふと自由な幻想を抱けるのが、アラフォーにとってのバイクの素晴らしいところだろうと、逆説的に感じている。


| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 14, 2010

パチンコ換金合法化?カジノ法制化って、なんですか?

Onlinecasino

カジノ議連きょう発足 パチンコ換金、合法化検討

カジノ合法化法案の成立を目指し14日に発足する超党派の「国際観光産業振興議員連盟(カジノ議連)」は13日、警察の裁量で換金が事実上認められているパチンコについてもカジノ法案と同じ仕組みで立法化していく方針も固めた。カジノを合法化すれば「パチンコは賭博ではないのか」との議論が起こりそうなため、パチンコによる換金も行政の監視下で合法化させるのが目的だ。

 カジノ法案では、カジノについて、国や地方公共団体が運営を厳格に管理、監督することを定めることで、刑法が禁じる賭博の「例外」扱いにする。民主党の案では、地方公共団体の申請を受けた国がカジノエンターテインメント(特定複合観光施設)区域を指定。地方公共団体は、運営する民間事業者を公募・選定し、警察と協力して違法行為の摘発、監視も行う。

 一方、パチンコは現在、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風適法)」で「遊技場」と位置づけられ、獲得賞球は、日用品などに交換することになっている。しかし、金地金などの特殊景品に交換し、外部の景品交換所で現金化されることが多い。現金化は「事実上の賭博」にあたるものの、警察が裁量で「黙認」しているのが実態だ。

 パチンコ業界は客離れの加速とともに、ギャンブル性の高い遊技機の導入が増え、「庶民の娯楽からかけ離れつつある」との指摘もある。これを踏まえ、議連はパチンコも国や地方公共団体が管理、監督し、「健全な庶民の娯楽の場」として再生を図りたい考えだ。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000056-san-pol

確実に、逼迫した財政の地方公共団体等が藁をもすがるように飛びつくことは、眼に見るようです。こういうくだらないポピュリズムに陥った国が、どういう末路を辿るかを想像してみてください。

確かにモナコ等、ギャンブルとハイブローな社会が共存している場所もありますが、一朝一夕に生まれるはずもなく、早晩日本のカジノはイカガワシイ場所になるでしょう。そこにパチンコの話も入ると、どういう意味かわからなくなりませんか?こんなのは庶民からまともな生活をはく奪する装置にしか過ぎません。どうして健全な社会になるのでしょう。

理想的には、パチンコの換金禁止するべきでしょう。それが出来ないのならば、こんな法律は廃案にして現状に任せておけばいい。そのうちパチンコをするような人はいなくなるだろうから。

百歩譲って朽ち果てる地方都市を救うために、観光都市を創出するつもりならば、カジノ指定都市における外人観光客に対するサービス限定にするべきじゃないでしょうか。それでもマカオ等と競合していくなんて、役人根性で経営できるはずもなく(民間に任せるとか言ってますが、手綱は手放さないですから)結局第3セクターの潰れたテーマパークと同じで、税金の余計な投入にいたると。まるで馬鹿げてると思います。

日本が今後どういう道徳と良識を持って生きていくべきか、真剣に議論できない老害を今こそ根絶するべきです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 02, 2010

地球温暖化に伴う海面上昇とかいう空想と、国民の金を奪う郵政資産の行方

政府の中央防災会議の「大規模水害対策に関する専門調査会」は2日、超大型台風による首都圏の大規模水害について報告書を公表した。

 地球温暖化に伴う海面上昇による高潮で被る人的被害を初めて試算。強大な台風が東京湾を襲った場合、沿岸部で最悪7600人の死者が出るとした。

 同調査会は、国連の「気候変動に関する政府間パネル」が示す21世紀末の海面水位上昇予測(最大59センチ)を基に、被害を計算。1934年に西日本で約3000人の死者・行方不明者を出した室戸台風級の台風が関東地方を通過すると、千葉、東京、神奈川の沿岸280平方キロが浸水し、流されたり、建物の低層部に取り残されておぼれたりして死者は最大で7600人に上ると試算した。

 江東区などの海抜0メートル地帯では水の高さは5メートルに達し、2週間以上水が引かない地域も約51平方キロの広範囲に及ぶ。また豪雨で大河川の堤防が決壊した場合、高潮とは別に利根川流域で6300人、荒川流域で3500人の死者が出る恐れがある。

 同調査会は報告書の中で、日本の水害対策は地震や火山噴火に比べて検討が遅れていると指摘、「気候変動などの影響で大規模水害が発生する可能性が高まっており、国家百年の計として計画的な取り組みを実施すべきだ」とした。政府は報告書を受け、今年度中にも、国や自治体の取り組みの指針とする大規模水害対策大綱を策定する方針。 最終更新:4月2日14時39分

民主党政権は、またこういうことを言いだすんです。新興宗教(オウム)が、危機を煽って信者から金を奪うのと同質です。本当にこうやって、コンクリートに金を流し込むネタをさまざま提供させようと、せっさ琢磨に頑張る政府というか、既得権者たち。こうやって、台風の前に彼らの欲得の犠牲になって、7600名なんて数ではない日本人が死ぬでしょう。

更に大きな政府が必要なのでしょうか。すでに十分肥大化していることこそ問題です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2010 | Main | May 2010 »