« April 2010 | Main | July 2010 »

May 2010

May 21, 2010

世界初の日本製宇宙ヨット、金星へ行く。

Venus

日本初の金星探査機「あかつき」など大小6基を搭載したH2Aロケット17号機が21日午前6時58分、鹿児島県・種子島宇宙センターから打ち上げられた。早稲田大と創価大、鹿児島大の小型衛星3基が地球周回軌道に投入された後、宇宙航空研究開発機構のあかつきが無事分離、打ち上げは成功した。 宇宙機構の宇宙ヨット実証機「イカロス」、大学・高専連合の「UNITEC(ユニテック)―1」も金星へ向かった。 あかつきは12月に金星周回軌道に到着。5種類のカメラで高速回転する分厚い大気を2年間観測する。約46億年前の太陽系誕生時には地球と双子のように似ていたはずの金星が、なぜ二酸化炭素による温暖化で灼熱(しゃくねつ)の星になったのか、謎の解明が期待される。 イカロスは、1辺が14メートルある四角い薄膜の帆を広げ、太陽の光の粒子を風のように受けて進む宇宙ヨット。この推進方式はソーラーセール(太陽帆船)と呼ばれ、航行に成功すれば、世界初の快挙。宇宙機構は将来の木星探査への応用を目指す。 ユニテック―1は、学生の衛星が世界で初めて地球重力圏より遠くへ飛行する。微弱な電波信号の解読実験や、6大学のコンピューターの生き残り競争を行う。イカロスとユニテック―1は金星近くを通過する見通し。 日本の惑星探査は、2003年12月に「のぞみ」が火星周回軌道に入るのに失敗して以来。一方、小惑星探査機「はやぶさ」は05年11~12月に「イトカワ」の砂利採取を試み、今年6月13日に地球に帰還する予定。あかつきは当初、中型ロケットM5で打ち上げられる計画だった。M5廃止で大型のH2Aに変更されたため、相乗り衛星が募集された。打ち上げは18日朝の予定だったが、悪天候のため直前に延期された。(了)

[時事通信社]

太陽の粒子と言う風を受け、宇宙を航海するという帆船(ヨット)だという。日本の宇宙技術は、今後の国力の核になっていくだろう。ロボット・通信工学との連携する新領域の進化が、世界の技術大国としての矜持に繋がる。
確かに国の経済状況は大変だろうが、さまざまな人的・技術的な価値を生み出す、未来への投資は続けてもらいたいと願う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2010

自動車・オートバイ・自転車 /不良自転車乗りの横行する現状

Photo


東京の交通事情、特に自動車の運転について見ると、外国は勿論のこと、他の地域に比べてみると、真っ当であると思う。車線変更時はきちんと方向指示器を出すし、割り込みをさせてした際には、ハザードで挨拶する等、法規にはないマナーすら存在している。

バイク乗りになってみると、自動車を乗っている時とは違う交通事情に出くわすことが多い。バイクは自動車とは乗り方が違うので、自動車から見ると、マナー悪いなとか、邪魔だと思われているだろうなと感じることも少なくない。確かに、車線の変更は多くするし、ふらついているバイクは危ない。それでも自転車の無謀な運転には、閉口してしまう。

最近のバイクブームもあり、東京でも、スピードの出る自転車に乗っていながら(僕も昔からドロップハンドルのロードーレーサーを所有しているが)平気で進行方向を逆走してくる。または車道から歩道に移り、歩道から歩行者信号で飛び出してくる。または自動車信号で三車線道路をそのまま横断する。50CCバイクなら即時違反である。もはやなんでもありの状況だ。

警察はバイクをすぐに捕まえるくせに、金が絡まないと何もしないのだろうか。(バイクは一番の白バイの鴨である)まるで自転車は、善の化身でもと考えているのだろうか。そんなことをつらつら考えていたこの頃、面白い記事を見つけた。

都市部ではエコブームが追い風となり、高性能の自転車で通勤する会社員が増えた。それは結構だが、スピードを出しすぎ、周囲の確認もおろそかにした危険な暴走行為が後を絶たない。  クルマの人身事故は減る一方で、自転車が絡む事故は右肩上がり。歩行者と衝突して死亡や重度障害を被らせた例すらある。それでも、刑事罰の重さゆえ、かえって自転車の「無法状態」が野放しとなっている矛盾。地域によっては、罰金の赤キップを切る前に、警告を意味するカードを手渡す警察官もいるが、まだ中途半端だ。 「現在、反則行為から除外されている自転車をこれに含め、かつ反則金の下限を自転車による反則行為に対応できる額まで引き下げるとともに、自転車の運転者に免許証に近い『登録証』を発行し本人の特定と反則行為の累計で反則金を納付させるようにすべきだ。交通ルールの啓蒙教育も必要」(同)司法ジャーナリスト 長嶺超輝=文 President誌

同じようなことを感じ、考えている人もいるのだ。重大な事故が多発してからでは遅いし、昔から自転車の窃盗にはみな罪の意識も軽い。まずは東京都だけでもいいから、自転車も登録免許制にして(試験はいらないが)警察が管理してはいかがだろう。警察が好きなわけではないけれど、まあ点数にも、金にもしていいから、どうにか対応してほしいと、都民として思う。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100511-00000001-president-bus_all

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main | July 2010 »