« November 2010 | Main | January 2011 »

December 2010

December 14, 2010

海賊版電子書籍販売を巡る、著作権管理はどうするべきか。

読売新聞 12月14日(火)10時32分配信

 米アップルのソフト配信サイト「アップストア」で村上春樹さんらの小説の海賊版電子書籍が売られていた問題で、日本書籍出版協会(書協)など出版関連4団体は14日、「明白な著作権侵害が横行している」と同社に抗議する声明を出した。

 また、改善策を求めるための協議を申し入れる文書を同日、アップルジャパンに送った。

 声明は書協と日本雑誌協会、日本電子書籍出版社協会、デジタルコミック協議会の連名。村上さんや東野圭吾さんの小説だけでなく、「違法に電子化された大量のコミックスを自由に閲覧できる」ソフトが配信されていると指摘し、「著作権侵害物を配信することは違法行為の幇助(ほうじょ)」と強く非難している。著者や出版社が海賊版の削除を求める際の窓口や手順が明示されていないことについても、早急な情報開示を求めている。

 これに対し、アップルジャパンは「声明を見ておらず、コメントできない。著作権侵害の申し出を受けた際は速やかに適切に対処する」としている。 最終更新:12月14日(火)10時32分

アップル社のアプリストアで、村上春樹の小説も電子化されたのかと見ると、真っ赤な海賊版だった。中国人が制作したものらしく、粗悪な代物らしい。コメント欄にも書き込みが多く、少なくともコメントに偽物等書かれた場合の、自動警告システム、また調査するスキームが機能しているのかが疑わしい。ベストセラーに村上氏の小説が長らく掲出されたいたのだから、多分監督もしていないのだろう。

確かにデジタルの著作物を管理するシステムは開発途上である。が、いくつか実用化されているシステムもあるし、電通、ソニー等が特許を既に取得しているそうだ。しかし、まだ運用に組み込むことが法制化されてはいないし、今後拡大するモバイル等のマーケットは、まだコスト化する姿勢が明確でない。

個人的には、電子書籍はプラットフォームも拡充し、益々発展するのは自明だと思う。しかしインターネットをベースとしているので、法的な枠組みの整備していくのは難しいだろう。そういう意味では、中国圏等、海賊版の横行する「山塞」大国からの参入には、格差をつけても”性悪説”的に対応していくべきと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2010

タイガー・ウッズは復活するのだろうか。

Woods

圧倒的な強さはもう戻らないのか。不倫騒動と離婚に揺れたタイガー・ウッズ(米国)は今季、1996年のプロ転向後では初めてツアーで1勝もできずに終わった。かつて手術を受けた左膝の負担を軽くするようスイングも改造しているが、完全復活は遠そうだ。 11月、米誌ニューズウィーク(電子版)に寄せたエッセー。「交通事故による体の傷は癒えても、心の痛みはより複雑なもので落ち着かない。生活のバランスを欠き、過ちから学ぶ苦しみが続いている」と書いた。正直な反省の表れとも取れるが、ツアーの賞金増額などプロゴルフの市場規模拡大にも貢献してきたスーパースターには、不似合いな弱音にも映る。 ゴルフは精神状態や性格がよく出る。5年余り世界ランキング1位に君臨し、抜群の実力で着々とスコアを伸ばすウッズに対し、優勝を争うライバルがミスなどで自滅していく場面が、かつては目立った。しかし、一連の騒動とその後の不振で、王者のオーラは消えた。スイング改造で技術は復調しても、他の選手が「ウッズ恐るるに足らず」と思えば、騒動前のようにはいかないだろう。 昨年8月の全米プロ選手権。ウッズはY・E・ヤン(韓国)に栄冠をさらわれた。メジャー大会で、単独首位か首位タイで最終日を迎えながら優勝を逃したのは初めてだった。3カ月後、不倫騒動が発覚。全米プロの敗北は、暗転の予兆だったのか。家族を裏切る行為を陰で重ねた報いに、第一人者は気付いていなかった。

[時事通信社]

偉大なゴルファーであっても、人生のスコアが崩れることはあるだろう。あのウッズであっても、1勝も出来なかったのかと凋落を憂う一方、凄まじいバッシングの状況であそこまでのプレーが出来たという見方もある。精神面の激しく反映するプロレベルのゴルフが出来ること自体驚愕であると、プレーをしたことがある人だったら、誰でも納得することだ。いろいろ契約もあるのだろうが、シーズン休んだ方が良かったかとも思う。
とにかく、もう一度素晴らしいプレイを見せつけてくれるだろうと、ファンとしては来年に期待したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2010 | Main | January 2011 »