« April 2012 | Main | September 2012 »

May 2012

May 16, 2012

2004/9/2 断章

倒錯的な性格ではないから、自殺する人を勝者だとは考えない。それでも世界には偉人にも自殺する人はあり、日本に至っては自死の美学もある。人はなぜ自らを滅するのだろう。第二次世界大戦で死んだ人が日本人で三百万人余りあるというが、それは丁度百年で自殺する人と同じであるらしい。つまりは日常も、百年をかけて緩やかな戦争をしているようなものである。

三島由紀夫、ロラン・バルト、川端康成、ミッシェル・フーコー、ジル・ドルーズ。自殺した文学者は多い。増大する自我の圧力が、存在する力を押し潰してしまうのだろうか。政治的な圧力で死ぬものもいるし、経済的な理由で死ぬものもある。しかし多くの場合、個人にとっての自殺は、自意識の消失点なのではないだろうかと、私は想像する。
過酷な土地に生きるものが常に存在する力を問われているとしたら、安寧のなかに生きる者は蓋し存在する力を問われない。想像する余力のある生活は羨望されると同時に、ある種の生き地獄のはじまりである。存在する力が限りなく弱いなら、自意識を知った瞬間に死んでしまうだろう。

自意識とは、限りない孤独の別名である。そこが思索の出発点であり、見えない他者を探していくプロセスのはじまりである。私はその他の誰でもなく、物でもなく、唯ここにあることの触覚である。その地点に留まり、生きていくことは難しい。
社会的なゲームのなかに身を投じていくことで私たちはひとつのピースとなり、大きな総体を築いていく物となり、自意識を忘れていく。また貨幣の力を信じている人が、自意識に潰されることはない。貨幣を稼いでいく限りは、正しい存在である。

自意識は魔物であり、甘美な誇りという毒で身体を蝕んでいく。時折魔物は身体を去り、やがて舞い戻る。常に働き、身体の力を高めて自意識を追い払うことこそ、唯一の対症法である。働かざるもの、食うべからずとは禅の言葉であるが、そういう暮らしに魔物は存在しない。怠惰、強欲、等、キリスト教のいう七つの大罪こそは、まさに魔物の好物である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2012 | Main | September 2012 »