« September 2012 | Main | December 2013 »

April 2013

April 22, 2013

『色彩のない多崎つくると巡礼の年』/余剰な身体をめぐる物語。

Shikisai

村上春樹をめぐる欠落した身体、または余剰な身体をめぐる物語。
『風の歌を訊け』には、欠落した身体の象徴として「小指のない女の子」が現れ、このたびの新作『色彩のない多崎つくると巡礼の年』においては、過剰な身体として「6本指」の逸話が登場する。そのどちらも自然ではなく、奇形である。しかし存在しない小指ではなく、切断できるし、また優性遺伝でもある奇形である。その欠落でない不具に関する物語が、主要なテーマである。たいていの場合は、機能しない段階で親が切除する指である。

その6本の「指」に呼応するように、ちょうど登場人物が、高校時代の時間面にアオ、アカ、シロ、クロ、そして「つくる」の5人。そこに大学時代には「灰田」、三十六歳の現在に「緑川」という別の時間面に登場する2人が現れる。

余剰の指をめぐる認識が、つねに主人公である「つくる」のアイディティを揺さぶる指標となっていく。6本目の指を持った女は、電話帳のような分厚い交響曲をつくるに弾かせ、また哲学者である灰田の父に死の重荷を悟らせたジャズピアニストに、かつて存在したかもしれない6本指のイメージを帯びさせる。

身体の欠落は人の関心を引き寄せる。小指のない女の子しかり。しかし過剰な指は切断される。1979年には欠落を物語り、2013年には過剰を物語る。その過剰が死を考えてばかりいた「つくる」ではなく、「シロ」と確定するのは落ちを晒すようなものだけれども。

過剰な存在とは、小指の女の子の持つセクシーさではなく、ま逆にあるシロの孤独な死であることに、村上春樹の「老い」を想う。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 14, 2013

アントニオ・ネグリ氏の講演を拝聴し、やがて姜氏を応援する。

『<帝国> グローバル化の世界秩序とマルチチュードの可能性』により、世界的に注目された哲学者であり、左翼運動家であるアントニオ・ネグリ氏が初来日した。さまざまな思惑で招聘されたのだろうが、その事情については詳細を知らない。が、国際文化会館にて「マルチチュードと権力:3.11後の世界」という題目で講演があり、USTREAMでも配信され、生の声を聞く機会を得た。

事件を起こし、収監され、アメリカにも入国できないという人物だとあったので、どういう人かと思ってみたが、印象はイタリア人らしい鷹揚さがある左翼だった。プラダのオーナーデザイナーであっても、左翼であった国である。昔、赤い旅団に気をつけろと子供の頃、ミラノでも脅されたのを思い出す。

余談はさておき、元国連事務次長の明石氏と、姜尚中氏が挨拶をし、その後ネグリ氏が登壇した。

まずタイトルもそうだが、3.11を政治的なキーワードにしようとする意味は、そのそも私にはよくわからない。災害は歴史的な事件を引き起こす事由ではあるが、歴史ではない。人間の意思の導かぬものを政治的な象徴として扱う魂胆が、そもそも日本の政治風土というか、政治ジャーナリズムの卑小なところというか、つまりは教養のなさである。日本は奇妙だと思う。

同様ネグリ氏も、災害についてのお悔やみは述べたが、そこが政治的な問題のコアとはまったく話していなかった。(フランス語での講演だった)

まず講演のサマリーを書くとすると、前提として、労働が世界で変容し、物理的な労働から認知的な労働に変化し、グローバリゼーションが一般化した。(つまりは知本主義になりつつあり、オフショアで労働分業されるようになり、過去のハイテクがコモディティ化している現状を思うといい)特にアメリカがイラク戦争とともに衰退し、同時に社会民主主義も無力化した。その世界において、1)欧州における危機(EUの危機、金融の課題)2)ラテンアメリカの台頭 3)太平洋(西太平洋)をめぐるアメリカ、中国の覇権争い。その3つをテーマとして挙げた。

特に欧州においてネグリ氏が述べていた事は、まさに「国民国家」は左翼のフェティシズムとなり、資本家は「国民国家」ではなく、国境を超えている=グローバル化していると、(もはやEUは国家をこえているが)そのなかで政治的な労働者階級の運動が無意味化しているという現実。

個人的な経験からも、実際に欧州の現状は、旧植民地の人々が物理的な旧来の労働力から、資本を持ったり、認知的な労働に従事し、植民地の出身の上司、または会社オーナーが国の根幹を支えているのも事実である。しかも金融も、労働力も国境をを超えている。多分、この状況は、日本で学者や官僚をやっている人には実感できないだろうと思う。ネグリ氏がいうような認知的な労働をする会社は、インド資本で、レバノン人が社長で、英国人が経理をし、ポーランド人が企画をし、オランダ人が営業をし、マーケットは欧州と中東というイメージ。しかも仕事のワークスタイルもWEBによるネットワークで変化しているので、正規社員が少ないし、別に日本のようにそれを問題視することもない。

ラテンアメリカは、ブラジルとアルゼンチンの台頭、そのなかで民族主義に移行する力もあるが、決して古い体制には戻らないとネグリ氏は述べる。そもそも南米はスペイン人に歴史を粉砕されてしまっているので、そもそも欧州の亜流のようなところがある。

そして太平洋(姜氏は東アジアの中韓日と還元したが)は、西太平洋が新しいフロンティアとしてアメリカが偏在し、また欧州、南米、また中東から力をシフトしているとネグリ氏は述べる。それは現在のアメリカの先端は、西海岸の情報産業であることもあるし、いわゆる世界の軸が、かつてはジェノバ、ロンドン、ニューヨーク、そして今は西海岸だという現実だろう。ナショナリズム、覇権主義が台頭する中国との向き合いがどうなるか。ネグリ氏は、中国に対する米国の地政学的なチャレンジがあり、中国に対する不信をベースに、太平洋がどうリバランスされるかという、とても難しい問題と言っていた。

話はとても面白くグローバルだったが、一部の左翼運動家の方々には、なにかにネグリ氏のお墨付きをもらいたいというのが強くあり、閉口した。

対談にて姜氏は、主権者の25%しか自民党に入れていないのだから、あれは国民の意思とはかけ離れているとか言い出し、じゃあ民主党政権も同じだったろと思うが、それはさておき、どうしてこういう政治的アジテートを許すのかが、しかも東大の看板背負ってと、言論空間の質の低さと言うか、政治工作し放題の現状には、まさに日本は自由な国なんだと痛感した。

それでもナショナリズムの高まりがとか連呼し、しまいには反原発、反ナショナリズムですよねとか、ネグリ氏が話している言葉じりから還元した始末。そりゃ、中国、朝鮮が民主的であり、自由な政治風土をもつ、ネットワーク化された国々になってたら、反ナショナリズムもそうだと思うが、反原発はそもそも技術の話であり、そこを核とか政治的なアジテーションの力技に持ち込もうとするのも(いつでも核爆弾作れるからと)知性の瓦解と言わざる得ない。

ネグリ氏の講演を聞いたつもりが、最後に残ったのは、姜さん、日本で吠えていないで、母国、そして中国でがんばってください。心から応援しますから、という気持ちだった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2012 | Main | December 2013 »